個人のお客様

交通事故

jiko_image0不幸にして交通事故に遭遇してしまった場合、法的に正当な権利を行使して、被害の回復を図らなければなりません。しかし、一体何が正当なのか、具体的には、どのような場合に、どのような被害を、どれだけ請求できるのかについてはよく分からない、というのが現実だと思います。ひょっとすると、加害者側の保険会社が提示してきた金額が正しいのではないかと思われるかもしれません。

しかし、保険会社は、あなたの利益を第一に考えてくれているわけではありません。

結局のところ、何が正当なのか、どのように権利を行使すればよいのかは、法律のプロに相談するのが解決への近道です。当事務所では、長年交通事故事件に携わってきた弁護士が、その経験を活かし、あなたに合ったもっとも適切な解決方法をご提案いたします。

このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください!

・交通事故に遭ったが、今後どうしていけば良いか分からない。

・保険会社の担当者が言っていることが正しいのか分からない。
・保険会社の提案してきた賠償金額は適切なの?

・お互いの言い分が食い違っていて、過失割合に争いがある。

・事故を起こしてしまった!今後どうなるの?どうすればいいの?

 

明星法律事務所では、被害者・加害者問わず、常時多数の交通事故事件を取り扱っております。

まずはお気軽にご相談ください。

お悩み解決!

弁護士費用

当事務所では、ご依頼者様のお話をじっくりと伺い、お一人お一人に最適になリーガルサービスをいわばオーダーメイドで提供させていただいております。
例えば、同じ事件のご依頼でも、ご依頼者様の置かれている状況はそれぞれ異なるものであり、それに応じて必要な法的処置も異なります。そのため以下の内容はあくまでも目安であり、実際の費用についてはご依頼者様との協議の上で決定させていただいております。

■ 訴訟

原則として、後記7に準じます。
ただし、相手方に保険会社があり、既に和解金額の提示がある場合には、

【着手金】

「請求金額 – 和解金額」を「経済的利益の額」として、下記表により算出された金額が目安となります。

【報酬金】

「獲得金額 – 和解金額」を「経済的利益の額」として、下記表により算出された金額が目安となります。

 


 

■ 調停

原則として、後記7に準じます。

 


 

■ 示談交渉

【着手金】 10万円〜

【報酬金】 10万円〜

交渉の対象となる事故の内容、損害額、関係者の人数等により異なりますので、詳細はご相談ください。